ゲーマー女子がネット恋愛で強い理由とその活かし方

男性ウケする趣味は色々ありますが、ゲームが趣味という女性はネット恋活ではかなり有利になります。
一見オタク色の漂う趣味ではあるものの、とある理由から男性からは支持率が高いのです。
本記事では、ゲーマー女子がネット恋愛で強い理由とその活かし方について紹介します。

女子はネット(ゲーム)界では無条件に強い

ガチなゲーマー女子は希少価値が高いため、ネット恋愛では非常に有利な属性と言えます。
最近は手軽にスマホでできるポチポチゲーが主流で、PCゲームやコンシューマーゲームをわざわざ買ってやる女子は少なくなってきました。
スマホゲーは複雑な操作もない上にキャラが可愛いことも多いため、女性の心を捉えやすいというのがその一因として考えられます。
今の時代にハイスペックなPCでゲームをしたり、最新の機種でゲームをしたりする女子はそれだけで男性からはガチなゲーマーと思われやすいです。
ゲームのプレイヤーは男性が多く、その中で女性が1人ぽつんといるとたいへん目立つ存在となります。
「女子なのにガチなゲームをやっている」ということに多くの男性は興味を持ちますし、どんな女子なのか更に知ろうとして声をかけられやすいです。
この傾向は、プレイしているゲームが硬派だったりマイナーであるほど強くなります。
シューティング、ネトゲ、ロボゲー、洋ゲー、一部のアクションゲーなどの硬派な印象のゲームは女性プレイヤー率が著しく低いことがあります。
こうしたゲームをやる女性は非常にレアで一度逃したら次にいつ現れるかわからないので、特に何の工夫もしなくても男性が寄ってきやすいのです。

ネット(ゲーム)にいる男性は女性に免疫がない

女性がネットで有利である理由としては、ネットで出会いを探したりゲームにハマる男性は女性に免疫がない人が多いということが挙げられます。
リアルで出会いがない人は異性を探す時に、ネットを頼ることが多いです。
ネットならリアルで恋活をする時ほど心理的なストレスがありませんし、少しくらいコミュ障であっても効率的にサクサクと出会えるからです。
それにネットなら同じ趣味の人を探しやすいですし、外見よりも性格重視の女性が多いので男性も安心して活動できるというわけです。
ゲームはインドアな趣味である上に嗜好に合えばハマりやすい性質があるので、一度没頭してしまうと出会いを求めにリアルの街に繰り出すことも少なくなります。
男性に女子の免疫がないと、攻略する側としてはとてもやりやすくなります。
なぜならば、相手の男性に優しくしたり甘えて適度に頼ったりしていれば攻略対象の男性はどんどん心を開いていくからです。
女性経験に乏しいと言っても男性には変わりませんので、女性から頼られたり甘えられたりされればその人を可愛いなと思うわけです。
日頃女性から好意を寄せられていない男性は女性からの優しさにはめっぽう弱いので、ちょっとしたことがキッカケでもこちらに好意を抱きがちです。
言葉は悪いですが言ってしまえば「チョロい」ので、恋愛初心者な女子でも攻略に挑戦してみる価値は十分あります。

共通点がある女子は親しみやすい

共通点がある女子は親しみやすいということも、ネット(ゲーム)恋愛で女性が有利と言われる理由のひとつです。
現代は男女平等とは言っても大抵の男性は、女性に対して女性らしいことを求めています。
服装は清楚系が一番ですし、外見にも性格にもおっとりして女性的に見える人を好みやすいです。
男性の関心を惹くには、女子力を高めるアイテムを使って日々自己研鑽をしないといけません。
しかしあまりにも女子力が高すぎると、「完璧過ぎて自分には勿体無い、話に全くついていけない」などという理由で男性から避けられることもあります。
それを防ぐために、男性ウケする趣味も取り入れることが非常にオススメです。
ゲームならやっている男性は多いですし、今は引退していても過去にやっていたという人もたくさんいるでしょう。
もしあなたがガチなゲーマーなら、それはプロフィールに書いたりしてどんどんアピールした方がいいですよ。
ゲームはやらないか、やってもスマホゲー程度という量産型女子との差別化が図れるからです。
それに、ゲーム好きという要素は「俺でもいけるかも」という希望を男性に与えることもできます。
ゲームが好きな男性は、相手にもゲームが好きであること、趣味としてのゲームを許容してくれることを求める人が多いです。
よく「彼がゲームばかりしてデートしてくれない」という相談をネットで見ますが、その手の不満は女子が相手のゲームを許容できないために抱くものです。
ゲーム好きな女子なら相手がゲームをしていても許せますし、ものによっては一緒に遊ぶこともできるのでゲーマー男子の理想にピッタリとはまるのです。

チヤホヤされやすくても「姫プレイ」はしない

ゲーマー女子という属性を活かすために、やってはいけないことがあります。
それは男性にアイテムやゲーム内通貨を貢がせたり、弱い装備で寄生をしたりする通称「姫プレイ」です。
ゲーマー女子は男性に少し優しくするだけで色々なアイテムをもらえたり、可愛がったりしてもらいやすいです。
しかし、それらの好意を当たり前と思ったり利用したりするのはよくありません。
また、多数の男性を一度に誑かして侍らせるのも止めた方がいいでしょう。
女性であることを明かしたり本当に甘えたりする人はごく一部にしておけば、男性からしたら特別扱いされている感がありますしあなたを巡って何人ものプレイヤーが争うこともなくなります(争いはコミュニティの崩壊にも繋がる可能性があるので、女性プレイヤーを警戒する男性もいます)。

ガチゲーマーなのに可愛いというギャップが鍵

上記のポイントを押さえた上でとても大切なのが、硬派なのに外見は可愛い系に整えるというものです。
やっているゲームが硬派だったりプレイスタイルが熟練して効率的だと、大抵の男性はこちらをオタク的で男っぽい、クール系の人物だと予想してくることが多々あります。
恋愛で愛されるのはクール系よりも圧倒的に可愛い系ですので、男性がこちらに抱いているイメージをいい意味で裏切る戦略が必要です。
「こんなに可愛い子がこんな硬派なゲームをするなんて」という衝撃は、ますます男心を強く掴んで離しません。
ネットやゲームでの恋愛は、オンラインでの振る舞いとリアルでのキャラクター性のギャップを生じさせやすいです。
そのため、男性に「彼女以上の人はいない、絶対に恋人にしたい」と思わせる決定打を与えやすいというわけです。
ぜひリアルではメイク・服装・話し方など全てを可愛い系の装備にして、男性の萌えツボを一見さり気なく、内心ではアグレッシブに突いていきましょう。

まとめ

以上、ゲーマー女子がネット恋愛で強い理由とその活かし方の紹介でした。
一見引かれそうなガチゲーマーという要素は、恋活ではギャップ萌えを狙う時にたいへん有効に働きます。
上記のコツを意識して、ネット(ゲーム)恋愛に大いに役立ててみてください。