ネット恋愛で不細工・きもい人を回避する方法

ネット恋愛を始めたはいいけどメッセージをくれる人が揃いも揃って気持ち悪い! と悩んだことがある人もいると思います。
恋人は顔ではなく性格とは言うものの、結局人は見た目が9割以上なので見た目が悪い時点で仲良くする気も失せてしまいますよね。
本記事では、ネット恋愛で不細工・きもい人を回避する方法について紹介します。

なかなか顔出ししない人は地雷の可能性も

ネット恋愛で不細工・きもい人を回避する方法その1は、なかなか顔出しをしない人とは関わらないことです。
ネット恋愛では、お互いの顔を会う前に知っておくことはもはや常識レベルと言っていいでしょう。
ネット上では好ましい人物がどういう容姿の人物なのか気になるのは当然のことですし、顔を知らなければリアルで会う時も大変不便です。
お互いに好いているならば顔写真を交換するメリットの方が大きいのですが、それにも関わらず顔出しを渋る人は容姿が悪い可能性が高いです。
自分の容姿が人よりも悪いと自覚している人や自分に極端に自信がない人は、写真を交換した時点で会わずにブチられるのではないかという強い不安を抱きます。
特に相手の女性のことを気に入っている場合には、自分のコンプレックスを明かしたくない思いが余計に強くなります。
顔写真の交換をしなくても、一度会ってしまえば取り敢えず初回のデートはこなせます。
合流する前、或いは合流してデートをしている最中で、相手が気持ち悪い・生理的に受け付けないという理由で途中離脱する勇気のある女性はそう多くないですからね。
顔がダメだからせめてデート中の振る舞いだけでもカッコイイところを見せよう、と作戦を立てている男性もいます。
顔出ししない男性はこうした背景があるので「この女性とデートしたい」という強い思いは伝わるのですが、その容姿はあまり期待をしない方がいいかもしれません。

プリクラ・加工写真は信用してはいけない

ネット恋愛で不細工・きもい人を回避する方法その2は、プリクラや加工写真の類は疑ってかかることです。
顔画像を交換する時にプリクラや加工写真を送ってくる男性がいますが、現実はその写真より3割不細工と思っておいた方がハズレがありません。
プリクラはデフォルト設定でも強力な美肌効果がありますし、目の小ささや鼻の形など顔の造形も多少マシになるように加工されます。
ハイライトが強ければ誰が撮ったとしても大抵の顔の粗は隠せるというのがポイントですね。
プリクラはあからさまですが、自分で加工をする写真も警戒しておきましょう。
画像編集ソフトを使えば画像の明度を上げて美肌効果を付加したり、プリクラよりも自然に顔のパーツを補正できたりします。
いじる画像のベースが素撮りである分、少し加工する程度では加工だとバレにくいという厄介な点だと言えます。
容姿に不安があって顔出しに敏感な男性は、女子御用達の美肌加工アプリすら使いこなします。
狡猾な男性だといかにも補正したという雰囲気がなく、適度に特徴(粗ともいいますが)を残しつつ綺麗に仕上げてくるので油断がなりません。
その他では、スタンプや落書きで顔の一部分を隠して雰囲気イケメンになっている場合や自称「奇跡の1枚」も疑ってかかった方がいいですよ。
一見カッコイイ! と思っても、上記のような写真を使っている場合は現実だとカッコよさ3割減ということを覚えておきましょう。
また、加工・補正した画像なら綺麗でカッコよくて当然です。
明らかに加工・補正が入ってるのにカッコよくない……と感じる場合は画像加工技術でカバーできないレベルの不細工なので、男性の顔を気にするタイプの人は会わないようにしましょう。

自称「見た目普通」は警戒しよう

ネット恋愛で不細工・きもい人を回避する方法その3は、自称「見た目普通」は警戒するというものです。
容姿の話題になった時に「顔は普通だよ」とか「中の中くらいって言われる」とかいう男性がいますが、自称無難レベルは当たり外れが激しいので過信はしないようにしましょう。
ネット恋愛だけに限りませんが、人は少しでも他人に自分を良く見せようとする傾向があります。
ネット彼氏のように実際に会わない関係の場合や不特定多数にちやほやされたい場合は「超イケメン」とか「モデル並みの容姿」などと自称しても特に問題はありません。
しかし実際に会う関係になると、上記のようなことを自称すると自分で自分の首を締めるようなものです。
かといって、「容姿は下の中」とか「全然カッコよくないよ」とか正直に言うと相手の女性に興味を持ってもらえない可能性も出てきます。
「見た目普通」や「中の中(或いは中の下)」ならモデル並みほどハードルも高くないですし、超絶不細工な印象も相手に与えません。
保身をしつつも気持ち悪い印象を与えない、言ってしまえば容姿を聞かれた時に一番無難な答えなのです。
体感では自称「あまりカッコよくない」とか「下の上」とか言う男性に当たりが多いように感じます。
適度に謙遜する自然体の印象からは、自称イケメンのような性格地雷臭も漂っていませんし自称普通のような残念感・チキンさもありません。
男性が自分のことをあまり魅力的ではないと言っていても素敵かどうか判断するのはあなたですから、気になる人がいたら取り敢えず顔画像だけでも見せてもらうようにしましょう。

画像と募集本文の一部を検索してみる

ネット恋愛で不細工・きもい人を回避する方法その5は、使われている顔画像と募集本文の一部を検索することです。
厳密な本人登録が必要なネットの結婚相談所でもない限り、ネット恋愛で使用する画像は本人確認の必要なく自由に設定できます。
そこで怖くなってくるのが、イケメン写真を利用したなりすまし・画像詐欺です。
感じが良くてイケメンな画像を使っている人がいたら、惚れる前にその画像と募集本文の一部を検索してください。
安易に行うなりすましや詐欺の場合は、ネットの色々な所に証拠が残っている筈です。
どう考えても画像を無断で使用してるとか、7,8年も前から同じ画像を使い続けているとか、過去の投稿文や投稿先がいかがわしいものだったりとか、色々なケースがあります。
中には長期的にネットを利用していないとわからないものもありますが、そうした詐欺に引っかかって浮かれたら外見・性格共に気持ちの悪い人の思う壺です。
画像のレベルが高い人がいたら、画像と募集本文の検索は忘れずに行いましょう。

以上、ネット恋愛で不細工・きもい人を回避する方法の紹介でした。