ネット恋愛で出会えるまともな人の特徴

どんな人がまともか分からない・ネット恋愛でまともな人に出会えるのか分からないといったようなことは、ネット恋愛初心者が抱える不安あるあるです。
ネットでは成功談よりも失敗談の方がネタにされがちですし、まともな人の特徴を知っておかないと実際に健全な人と出会うことは簡単ではないからです。
本記事では、ネット恋愛で出会えるまともな人の特徴について紹介します。

顔写真に飾り気がない

ネット恋愛で出会えるまともな人の特徴その1は、顔写真に飾り気がないことです。
免許証の写真や部屋でただ何気なく撮った写真などを使用している人は、無難な性格の持ち主でメンヘラ臭もなく付き合いやすい人が多いです。
ネット恋愛をしていると、いつかは顔写真を交換する機会があるはずです。
最近は男性も顔出ししている人が多いのでやり取りを始める段階で既に顔がわかる場合もありますけどね。
顔写真は一見何の変哲もないようでいて、如実にその人の性格の傾向やコンプレックスを表すツールになります。
例えばよくいるSNS女子のように加工マシマシで手書き加工などを加えているような男性は、外面は優しい素朴系ですが内心では自己顕示欲が強く承認欲求をこじらせている傾向が強いです。
袖やマスク、スタンプなどで顔の一部分を隠している場合は自分に自信がなく、隠された部分にコンプレックスを抱いています。
プリクラのように美肌補正が強いものや画像のトーンをいじっている場合は肌自体にコンプレックスがあったり、自信がない見栄っ張りだったりします。
複数人で写っている顔写真は人の繋がりを重視する(悪く言えば1人だとイキれない)リア充系で、外面を重視する傾向にあります。
こうしたことから、飾り気のない素撮り画像を使っている人はネット恋愛で比較的まとも率が高いと言うことができます。

プロフ・投稿文でしっかり自己紹介している

ネット恋愛で出会えるまともな人の特徴その2は、プロフ・投稿文でしっかり自己紹介していることです。
現実でも初対面でしっかりと自己紹介できる人は好感が持てますよね。
ネット恋愛の場合はプロフィールや投稿文、ファーストメッセージがしっかり書き込まれているか必ずチェックします。
年齢や住んでいる地域、職業、趣味嗜好+α辺りが書かれていればある程度誠実さがあると言えるでしょう。
プロフィールが書かれていないと相手がどんな人間かも分かりませんし、ただ登録しただけのやる気がない可能性もあります。
また、相手に色々知られるのが嫌という理由から自己紹介で多くを語らない人もいます。
そういった人は出会っても1回で終わったり無味乾燥な話しかできずつまらなかったり、性格的にどこか失陥があることが多いです。
なのでしっかり自己紹介をしてくれる人を選んでコンタクトを送るようにすればまともな人に当たる可能性が高まります。

ネットでも礼儀を弁えている

ネット恋愛で出会えるまともな人の特徴その3は、ネットでも礼儀を弁えていることです。
大して仲良くもないのに短文でしかコミュニケーションを取ろうとしない人、略語やタメ口しか使えない人は地雷男である可能性が高いので近寄らないようにしましょう。
LINEやチャットが一般人にも幅広く普及したことで、ネットの民度は数年前と比較すると格段に低下してしまいました。
「ネチケット」なるネット利用におけるマナーを呼びかける言葉の存在も、現在20歳未満くらいの人だと知らない人が多いのではないでしょうか。
今や多くの人がネットに丁寧さや一期一会感よりもレスポンスの速さ・浅く広い繋がり・テキトーな緩さを求めています。
ネットでいきなり敬語などを使おうものなら「堅苦しい・つまんない奴」認定して相手にされないこともあるでしょう。
このようにネットではタメ口・ノリが軽いのが当たり前、という現代の風潮に嫌気がさしている女子も中にはいると思います。
しかしこうした現代でも、マナーを弁えてメッセージを送ってくれる人がいます。
親しくなるまでは敬語を使ったり、相手の返信の文字数に合わせた返信をしてくれたり、相手を思いやった言葉遣いをしてくれたりですね。
また、ネットで知り合って即会うのではなく打ち解けて緊張を解してから会おうとするのも誠実な対応です。
こうした人はかなりレアな存在になってしまいましたが、もし知り合って仲良くなる機会があったらぜひ大切にしてください。
相手もこちらのことを大事にしてくれますし、末永く付き合おうと考えている可能性が高いからです。

聞いたことに対して誠実に答えてくれる

ネット恋愛で出会えるまともな人の特徴その4は、聞いたことに対して誠実に答えてくれることです。
ネット恋愛を進展させていくためには、どんどん相手のことを知っていく必要があります。
相手に質問する機会は度々あるでしょうが、その時に快く具体的に答えてくれる人はまともな人と言えます。
もし気になる人がいたら、話をして気になった部分は遠慮なく聞いてみましょう。
まともな人であれば、質問には快く答えてくれる筈ですよ。
誠実に受け答えをする姿からはより仲良くなるために自分のことを知ってもらいたい、という思いが感じられることでしょう。
それにしっかり自己開示してくれる人は、後ろめたい背景や気持ちもないものです。
何か質問しても、ハッキリ答えてくれなかったりはぐらかしたりする人も中にはいますよね。
そうした人は必要以上に仲良くなりたいとも思っていないし、隠さないといけない後ろめたい事情を抱えていることが多いです。
嘘つきや見栄っ張り、メンヘラ、ニートである可能性もありますから、何かと秘密にしたがる男性には近づかないようにしましょう。

まとめ

以上、ネット恋愛で出会えるまともな人の特徴の紹介でした。
ネットは多くの人が利用しているので、慣れないうちは地雷を踏むのも一度や二度ではないかもしれません。
不作が続くと「ネット恋愛なんてまともな人はしないのかな」と思いがちですが、それは経験値の不足から男性を選び間違えたりたまたま運が悪かったりするだけです。
まともな人はクセがなく目立たないので多くの人が見過ごしがちですが、だからこそ恋愛の穴場でもあります。