ネット恋愛における電話(通話)のプラス効果と失敗に終わらない方法

ネット恋愛というと昔はテキストチャットでの交流が主流でしたが、今はメッセージ+通話というスタイルがメジャーです。
通話の持つ良い効果や、彼との電話(通話)を一度きりで終わらせない方法を知ればより通話でのやり取りが楽しくなるはずですよ。
本記事では、ネット恋愛における電話(通話)のプラス効果と失敗に終わらない方法について紹介します。

相手の持つ会話の雰囲気を知ることができる

ネット恋愛における電話(通話)のプラス効果その1は、相手の持つ会話の雰囲気を知ることができるということです。
当然のことですが、文字では相手の声のトーンや話すペース、口調、会話の間の取り方といったことを知ることはできません。
実際に電話(通話)するとこれらのことがわかりますから、相手の会話のペースとこちらが合うか合わないかを判断したい時には最適です。
テキチャではいい雰囲気の人でも実際話すと乱れた話し方をする人とか、普段砕けたチャットなのに会話では物凄く丁寧な人とか相手の持つギャップも明らかになります。
ネット恋愛はゆくゆくはリアルで会って恋人に進展させるのが目標ですが、その際はテキチャで見ている相手より話しているその人自身に接することになります。
チャットではいい人そうなのにリアルでは微妙だ……と感じる場合は関係はそう長くは続かないでしょう。
こうしたことを見極める意味でも、電話(通話)をすることは大切なのです。
また、事前に2人での会話の雰囲気を掴むことでオフをした時に緊張しないという面接練習的なメリットもあります。

メッセージのみよりも短期間でより仲良くなれる

ネット恋愛における電話(通話)のプラス効果その2は、メッセージのみの交流よりも短期間でより仲良くなれることです。
テキチャと通話両方やったことがある人はよくわかると思いますが、この2つでは会話の流れの速度が全く違います。
テキチャだと即レスを求められないこともありますから、返信を考える時間が与えられます。
その一方会話だと常時リアルタイムな反応が求められますので、次々と会話が進行していきます。
同じ1時間でも、電話(通話)の方がより多くの情報を伝え合えるのは誰にでもわかることでしょう。
話している間は密なコミュニケーションを取ることになるので、2人がお互いにいい印象を持っていれば親密度は物凄い勢いで上がっていくものです。
通話はお互いのフリーな時間を拘束し合う行為なので、「通話をしよう」という流れに自然に持っていける関係では相手はかなりこちらに好意を寄せていると判断できます。
この人ともっと仲良くなりたい! と考えている場合は通話をすることで心的距離を縮めることができるのでぜひ通話に誘ってみてください。

楽しみながら癒やし合うことができる

ネット恋愛における電話(通話)のプラス効果その3は、楽しみながら癒やし合うことができるというものです。
どこでも好きなタイミングで自由に返信できるという利便性は通話がテキチャに劣る部分ですが、何かをしながらリアルタイムで一緒に盛り上がるには通話は最適なツールと言えます。
メジャーな使い方の一例としては画面共有で動画を見ながら通話とか、一緒にゲームをしながら通話とかですね。
まるで隣に相手がいるような臨場感がありますし、話しかければすぐに応えてくれる安心感も覚えることができるでしょう。
好きな人との通話はそれだけでも純粋に楽しめますし、声を聴くことで癒やしの効果を与え合うこともできます。
ネット恋愛を始める人は、リアルに対して疲れを感じたり嫌気が差したりしている人が多いです。
また、非日常感を味わいたい人も中にはいることでしょう。
そうした人はネット恋愛の相手には癒やしを求めがちなので、安定感があって包容力のあるタイプの女性だとかなり有利に立ち回れます。
楽しくもあり落ち着ける人の側は居心地がいいので、男性が自ずからこちらを求めてくるようになるからです。
仕事や学校で疲れたなーと思った時は、彼と通話をすることで気持ちの高ぶりや満足感、幸福感をお互いに与え合えるのでオススメです。

声の第一印象に気をつける

彼との電話を一度きりで終わらせない方法としては、まず声の第一印象に気をつけるようにしましょう。
もし男性と通話しても1、2回で続かない人は、第一印象で損をしている可能性がかなり高いです。
とても男性ウケする声と話し方は、「適度に高くて通りが良く、丁寧な言葉遣いでゆっくり落ち着いて話す」というものです。
アナウンサーの声と話し方をプライベート用に少しカジュアルにしたもの、と言えばイメージしやすいかと思われます。
よく男ウケすると言われるアニメ声はうまくやらないとガキ臭いと思われたり痛い子認定されるので、実はオススメできません。
地声の低さが気になる人の場合は、いつもより2段階ほど高い声を出すように努力すると不自然さもなく女性らしさが出せるのでいいですよ。
先にも述べた通り、話す時は落ち着いて聞き取りやすい声を出すように心がけましょう。
恋愛をするつもりなら雑な言葉遣いや、汚い言葉遣いをすることも絶対にいけません。
流行語やネットスラングの多用も、相手の男性次第ではNGなので基本的に使わない方が無難です。
第一印象は話の内容そのものよりも、声と話し方で決まります。
男性を落ち着かせられるような発話ができるよう、研究してみるのもいいですよ。

お互いに話しやすい内容から会話を広げる

彼との電話を一度きりで終わらせない方法としては更に、お互いに話しやすい内容から会話を広げることが有効です。
お互いに好きなことや興味のあることがわからない段階で通話すると、会話が弾まなかったりつまらなかったりと微妙な空気になりがちです。
仲良くない人と一度そういった雰囲気になると、立て直しも困難です。
それを防ぐためには、事前に彼のプロフィールを詳しく聞いておいて興味を持った部分から話を広げるようにするといいですよ。
趣味のこと、住みが近いなら地元ネタ、学生時代にやってたことなどが無難で話しやすいテーマの一例です。
ネット恋愛の場合は趣味繋がりのカップルも多いですから、最初から同一の趣味をしている人を探すというのも有効な手ですね。
好きなことであれば例え口下手でも語れるので第一印象も悪くなりにくく、2人で盛り上がることができれば「またこの人と話したい」と思ってもらいやすいですよ。

以上、ネット恋愛における電話(通話)のプラス効果と失敗に終わらない方法の紹介でした。