ネット恋愛には積極的にスカイプやライン等を使った方が良い理由

今はSkypeをはじめ色々な無料通話ツールがあるので、ネットで知り合った誰かと長時間話すことも可能になりました。
ネット恋愛をするなら、SkypeやLINEのような無料通話ツールを使わない手はありません。
本記事では、ネット恋愛をするならSkype(他無料通話ツール)を取り入れた方がいい理由ついて紹介します。

相手の雰囲気がすぐにわかる

ネット恋愛に無料通話ツールを導入するメリットとして最初に挙げられるのが、相手の雰囲気がすぐにわかるというものです。
ネット恋愛の苦手とするところに、すぐにお互いの雰囲気が伝えられないというものがあります。
出会うまでは基本的に文字同士のコミュニケーションになるので、相手がどんな人か今ひとつ想像ができないと思ったことがある女性も多いと思います。
メッセージに真面目で無難な文体を使う男性はよく見かけますが、文字だけで相手がどんな空気感を持っているのか判断することはとても難しいです。
そうした悩みを解決するために、ネットで良さそうな人を見つけたら一度はSkypeやLINEなどで通話をしておくといいでしょう。
話してみれば声は勿論のこと、口調や間のとり方だったり色々なことがわかってきますよ。
恋愛で雰囲気を掴むのは大切なことで、やはり交流するならば接してみてしっくりくる男性の方がいいですよね。
会話が合う、空気感が好みだと感じた人とは大抵リアルでも上手くいきますから、会う前に通話ツールで話すことは大切なのです。

性格もある程度察することが可能

通話するメリットその2は、相手の声や話し方からある程度性格を察することもできるというものです。
明るい声であれば朗らかで楽天的な要素が強いタイプとか、落ち着いていて穏やかなタイプなら繊細で気配り上手なタイプとかですね。
あと口数が少ない人は理知的とか、よく喋って会話をリードしてくれるなら人見知りをしないフレンドリーなタイプとか色々なことがわかります。
自分では意識していなくても、話し方に性格はかなりはっきりと表れるものです。
ネット恋愛では、自分のことをどんな性格かプロフに書いていない人も中にはいます。
また、例え書かれていたとしても自称で、本当の自分の性格がよくわかっていない場合も考えられます。
通話をすれば相手がどういったタイプなのか文字で説明されるよりも明らかになりますし、今後その人とうまくやっていけるか判断する基準のひとつにもなります。

通話をしながら一緒に遊んで親密度アップ

Skypeをはじめとする通話ツールは、基本的に何かをしながらの作業にはうってつけです。
画面の前にいるだけで通話ができますし、ヘッドセットを使えば両手も空きますからね。
通話ツールの相手募集掲示板を開くと、一緒にゲームをやりながら話したいという募集が非常に多いです。
Skypeはゲーマーからそうでない人も幅広く使っている王道ツールですし、PS4のパーティー機能や最近だとDiscordもゲーマーには人気があります。
Skypeの強みは画面共有ができることでしょうか。
やっているゲームだったり、好きな動画などを一緒に楽しめたりととても融通が利くツールですね。
PS4にも一部画面共有機能はあるものの、PCに比べると持っている人が少なかったり、長時間プレイの場合は1時間毎にシェアプレイ接続を更新しないといけないデメリットがあります。
しかしこちらは自分が持っていないゲームがあっても相手が所有していればシェアプレイで遊べたりするので、ゲームに限定すれば遊びの幅は広いです。
もしネット恋愛をしようと思っているのなら、相手と通話しつつ何かを遊んでみることを強くオススメします。
一緒に遊べば会話も盛り上がりますし、遊んでいくうちに自然に相手と親しくなれるからです。
特にバトル要素のあるゲームはお互いに協力しあう感覚をハッキリ味わえるので、親密度を高めるためにはピッタリですよ。

一度話した相手は愛着が湧く

無料ツールを使って会話すると、メッセージのみで会話をしたことがない相手と比較すると愛着が湧きやすいというのもメリットに挙げられます。
万能で出会い最強ツールと言われるネット恋愛ですが、相手との結びつきが希薄になりやすいというデメリットがあります。
これは恋愛に発展する前の段階でも言えることです。
検索すればいくらでも代わりの相手が見つかるというのもありますし、ネットの一点でしか接点がないのでそれが途切れると関係そのものが自然消滅してしまうからです。
唯一無二で代わりのない存在だと思われるためには、実際に通話をして仲を深めていく必要があります。
通話というのはメッセージとは異なり、お互いの時間を拘束しあいます。
通話に誘った時に快く応じてくれる人は、リアルの自由時間をこちらに費やしてもいいと思っていると考えてもいいでしょう。
そして一度話しだしたら、気の合う人や親しくなれた人とは何時間も通話し続けてしまうこともあると思います。
そうやってリアルの時間を費やした相手には愛着が湧くので、ネットからスタートする恋愛でも相手の中に深く印象づけることができますよ。

リアルで会った時も会話で困らない

通話ツールを導入した方がいいメリットとして最後に挙げるのが、リアルで会った時でも会話に困らないというものがあります。
アプリや掲示板などから相手を見つけてメッセージから通話をする仲になれば、いずれ会う流れになることもあるでしょう。
仮にぶっつけ本番で会った場合、リアルで異性慣れしていない人は会話にとても困ることがあります。
相手の好む話題がそもそもわからないことが多いですし、想像していた雰囲気と全く異なる時もあります。
人は文字だけでも勝手に相手の雰囲気を想像してしまうので、思い描いていたものと現実との間にギャップが生じてしまうのですね。
通話ツールで事前に話したり遊んだりしていたら、相手の雰囲気は早めに掴めますし共通の話題も獲得していることになります。
「一緒にゲームした時こんなことあったよね」とか「今どんな具合で遊んでる?」とか会話のキッカケにも困りません。
通話ツールは話上手な人御用達なイメージがありますが、実際は口下手で異性慣れしていない人ほどやっておいた方がいいツールと言っても過言ではありません。

まとめ

以上、ネット恋愛をするならSkype(他無料通話ツール)を取り入れた方がいい理由の紹介でした。
通話をしながらゲームをしたり画面共有で一緒に動画を見たりするのは単純に楽しいですし、画面の向こうには相手がいるので一緒に盛り上がれる感覚も味わえます。
会う前に2人で思い出を作ることでより堅く仲を結びつけるものですので、ネット恋愛をしたい(している)人は積極的に導入してみるといいですよ。